Information for Japanese Prospective Students

WHY OWEN?

Owen Graduate School of Managementは、1969年に設立されました。Owen の学校名は、当時のAMEX のChairman であったRalph Peck Owen の名にちなんでつけられました。アメリカ国内でのランキングは、近年20位前後に位置付けられております。OwenのSchool Vision をご覧になりたい方は、 Owen 公式サイト " About Us " をご覧ください。

学生の多様なニーズに応えるために、Owen では、選択科目は130以上用意されており、必要な分野の授業を目的に合わせて受講することができ、自分に合ったMBA プログラムの達成が可能になっています。

セメスター制ではなく、7週間のモジュール制(1年は4モジュールで構成)が敷かれており、かつ大抵の必修科目は1年次の第2モジュールまでに用意されていて、それ以降は選択科目を履修していくことが可能であることから、多種多様なElective を早期から履修できるため、サマーインターンを行う前に、必修科目を履修し終え、多くのElective を履修する ことによって自分の専門性を高めることが可能となっています。科目の幅も広く、 8つの Concentrations (Finance, Health Care, Human and Organizational Performance, Marketing, Operations Management, Strategy, General Management) と 3つの Emphases (Entrepreneurship, International Studies, Real Estate) が用意されており、自分自身で自由にConcentration やEmphases を組み合わせることが可能です(複数も可)。また、一段と専門性を深めたい学生向けには4つの Specializationも用意されており、各々のニーズに合わせた履修科目の設定が可能です。

現在、通常のMBA プログラムには、1学年に約180人の生徒が在籍しており、大人数を受け入れるのではなく少数精鋭を育成するという方針が採られています。実際に、半年も在籍すれば、顔と名前が一致しない人がほぼいなくなりますし、そうした環境なので、自分自身も存在感が発揮しやすいと言えます。逆に言えば、ひとりひとりの距離が近いからこそ、逃げも隠れもできない環境に身を置けるとも言えるでしょう。

また, Collaborative Community であるためか、または南部の土地柄からか、学生同士、アドミッションやスタッフ、および教授との繋がりが非常に蜜で、助け合う文化が尊重されております。教授との距離は非常に近く、殆どの教授がオープンで、質問や悩みに対しても真摯に対応してくれます。また、協調的な学生が多く、語学の多少のハンデがあっても、チームメンバーとして温かく接してくれます。アドミッションやスタッフも一人一人の名前を覚え、非常に尊重して扱ってくれます。そのため、愛校心が強い学生、Alumniが多いのも特徴です。OwenのAlumni Network のBondは非常に強く、卒業後も大学のネットワークが有効に利用できます。

HOW CAN WE HELP YOU?

For general MBA inquiries, contact:
mba@vanderbilt.edu
Phone: 615.322.6469
Fax: 615.343.1175